ふぉんとの話

死ぬまで生きる。その記録です。

重病でも起きれば退屈でなくなり病気が治る?

 またしても訪問看護の話である。もう、このBlogのアップ寸前の、けっこういい時間である。昼、嫌々ながら酒を飲んで少し寝た。

 昨日、一昨日と、苦しくて起きられないことは書いた。そして、今日は午前8時に目が覚めたのだが、恐怖で胸が苦しむのに動けない。

 しかし、手元のスマートフォンで訪問看護に電話をしようにも、auの通信障害で繋がらない。起き上がってデータ通信用に契約している格安SIM(docomo)に差し替え電話をしたのは既に午前11時であった。

 苦しくて仕方がないのだが、身動きが取れない、起き上がれない。しかし、それを訴えても「寝ていて退屈なのなら(!)起きるしかないでしょう!」と言われる。

 いや、寝ていられないのではなく起き上がれないのです、そう言っても「また、落ち着いて寝ていれらるのに文句を言っているのですか!」と言われる。

 看護師に専門科があるのかどうか知らないけれど、この人は精神科専門を標榜してきた人である。しかし、仮に内科が専門であったとしよう。

 何科であっても同じであろうが、寝ているのが苦しければ起きていれば楽かというと、そういうことはあるまい。

 この人は、高熱を出して起きられない人に、「寝ていても辛いんだったら起きて気を紛らわせるしかないでしょう!」と怒鳴るのだろうか。起きられないのだと言っても気合いの問題だと言うのであろうか。

 「寝ていて苦しいんだったら起きるしかないでしょう!」インフルエンザで高熱を出している人に言って欲しいものだ。医者に怒られればいい。