ふぉんとの話

死ぬまで生きる。その記録です。

バリウム検査を休んで1日寝ている。

 朝、起きたらクラクラして仕方がない。訪問看護に電話をすると出ない。さすがに何度架けても繋がらないのはおかしいと思い、Twitterを見るとauで通信障害が発生しているという。

 こういうときに備えて、データ通信用の格安SIMはdocomo回線のものを契約してWi-Fiルーター代わりにガラケーに挿してあるのだが、鞄の中だ。そこまで起き上がるのも不可能に近い。

 予約時間の30分前になって格安SIMに辿り着き電話。昨日も不調を訴えていたけど行けたではないですかと言う。ただ、昨日は帰ってから夜まで、クラクラして横になっているのも辛どかった。

 今日はバリウムを飲んだり、昨日より負荷が大きい検査をするわけでしょう… と言ったのだが、昨日、行けたのならいけますと言う。この訪問看護ステーションの、すべての基準は自分たち看護師で状況など関係ないというような態度は何なのだろうか。

 クリニックが変わったばかりなので迷ったが、主治医に電話。過剰なくらい電解質を摂って冷房を付けて横になっていてくださいと言う。それで数時間、眠ることができて、やっと楽になった感じがする。

 電解質をというので経口補水液を買ってきて飲む。ちなみに同じブランドのスポーツドリンクも買ってきて飲んだのだが、眠りに落ちたのは経口補水液を飲んだときだった。味の違いも、そんなには感じないし、むしろローカロリー。どこが違うのだろう。

 もう数日、朝の連続テレビ小説すら観ていない。私は家計簿などを月末締めで付けているのだが、それも手を付けていない。以前、ネットストーカーに襲われたときにBlogで収益化のノウハウが身に着いたので、日割りでなく月単位であるネット関係の契約をしたのだが、契約しただけで何の設定もしていない。しかも、体調が悪いのでスペルミスをして申請している。

 ともかく、今も、Blogを書くために、やっとの思いで起き出したという次第だ。もう、気持ちが悪いので一刻も早く、横になりたい。